ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005
この記事は 2012年10月17日に初投稿した記事を書き直したものです。

 機種
ファミリーコンピュータ
 メーカー
エポック社
 発売日 1990年9月14日
価格6800円
 何ゲー?ドラえもんの
ロールプレイングゲー

 おすすめ度★★★★★★☆☆☆☆
ドラえもんギガゾンビの逆襲 タイトル



ゲームプレイ動画(実況あり)


ゲーム紹介(参照:ファミコンロムカセットオールカタログ’91)

ギガゾンビの野望を阻止しろ

『ドラえもん』を題材にしたRPGです。

ゲームは、4つの世界から構成されていて
ぞれぞれが 映画で登場した世界が舞台になっています。


大技林のゲーム通信簿65点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入



ドラえもん ギガゾンビの逆襲
エポック社 (1990-09-14)
売り上げランキング: 20877


ドラえもん ギガゾンビの逆襲 攻略

スポンサード リンク


このゲームについてのコメント
今では、すぐにエンディングが見られる作品として有名な作品ですね。

ただしバッドエンドですが…

ドラクエ方式で ずっと「いいえ」をしてれば
そのままなのかと思いきや、ですね。

でも、遊び心があって これはこれで良いのかなと思います。


『ドラえもん』のゲームって アクションのイメージが強いのですが、
今作は RPGになります。

そして プレイし始めると
恐らく、突っ込みたくなる箇所がたくさん出てきます。

個人的に思ったことを いくつか挙げてみると、
まず ビジュアル。

いつも見てたドラちゃんと 微妙に似てなくてw
表情がちょっと、漫画やアニメ版に比べると
可愛らしくなっている気がします。


戦闘面での、エンカウント率の高さ。

昔のRPGでは、特に仕方ないことなのかもしれないけど
この辺りは 思わず突っ込みを入れたくなるレベル。


そして ゲームも後半になると、
個人的には、今までプレイしてきたRPG史上
トップクラスになるんじゃないかなと思うくらい
とても ブラクラなモンスターが登場します。


見た目がヤバいんです!


アイアイズ
と、ひゃくめばしらという敵。

プレイ動画(ゲーム後半)でもいいので、
興味のある方は ぜひ調べてみて下さい…

エンカウント率が高いから 何度も遭遇することに…(


このゲーム、システムが変わっていて
通常のRPGでの魔法の代わりである、
ドラちゃんのひみつ道具は その辺に落ちているので
調べながら ゲットしていくことになります。

取り逃すと 苦労することに。


入手したドラやきを使って、
買い物や ひみつ道具を使うというシステムも斬新でした。

町では どこでもドラミを呼ぶことができ、
それが宿屋の代わりになって、かつ ドラやきを貰うことができます。

このドラミから貰える ドラやきのシーンも有名ですね。
ドラやきが0個、もしくは1000個レベルで貰えるのに対し
「ありがとう!」
と素直に返すドラちゃんが可愛らしい。


RPGとしては 厳しい点も見られますが、面白い作品だと思います。

このゲームでは、特にBGMの評価が高いみたいなので
1度 じっくりと聴いてみて下さい。

個人的に 地底のBGMが好きです。

関連記事

スポンサード リンク

人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5306-789ce427
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック