ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

スポンサードリンク


この記事は 2012年9月23日に投稿された記事を書き直したものです。

 機種
ゲームボーイ
 メーカー
ケムコ
 発売日 1990年12月14日
価格3300円
 何ゲー?ネコ型ロールプレイングゲー
 おすすめ度★★★★★☆☆☆☆☆
ネコジャラ物語 タイトル



ゲーム紹介(参照:ファミマガオールカタログ)

人間の姿に戻るのだ!

猫にされた主人公が 人間の姿に戻るために
猫の王国の盗まれた家宝を 取り戻すため旅に出るというゲームです。

アドベンチャー要素が強く、移動もコマンド選択式となっています。


大技林のゲーム通信簿 66点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


どたまのレビュー
とにかく戦闘のバランスがきつさが目立つ。
運が悪いと 最初の戦闘でも軽くやられてしまう。
レベルが上がった終盤でも、やられる敵にはやられるぞ!
「ネコポン」という猫のストレスを表すようなシステムがあったりして
ネコ味感じるRPGではある。


これからこのゲームで遊ぼうとしている方
53億人の中から あみだくじで選ばれて猫になった主人公が
猫の王国を救う旅に出るというストーリーです。

ゲームは 3Dダンジョン型のRPG。

ネコポンという特殊なポイントがあって
主人公のストレスが貯まると 数値が上昇してしまいます。
逆に、ストレスを発散できるようなことがあると 数値は下がります。

この数値を上手くコントロールできないと、戦闘が不利になるシステムです。


登場するキャラクターの ほとんどが猫なので、
猫好きの人に おすすめの一本。

ネコジャラ物語
ネコジャラ物語
posted with amazlet at 12.10.03
コトブキシステム (1990-12-14)
売り上げランキング: 32084


スポンサード リンク


このゲームを振り返って
この『ネコジャラ物語』は、『セレクション 選ばれし者』という
同じケムコ社のRPGと システムはほとんど同じらしいのですが、
私は そちらは遊んだことがありません。

『セレクション~』では、ネコポンのようなものは無いみたいですね。


猫を飼ったことがある人なら分かると思いますが
猫はきまぐれで ストレスを感じているとすぐに分かります。

ネコポンの存在は、猫の世界観を表すのに役立ってますね。
ゲーム上では 少々厄介なメーターなのですが… (- _ -;)


あと主人公が やたら毒舌ですよね。
ゲーム中のメッセージも プレイ中の必見ポイントだと思います。


途中、登場人物が死んだりと ブルーな場面もあったり、
終盤のねこばしらなど、見所はいろいろとあるので
戦闘のきつさを除けば、なかなか楽しい作品なのではないかと思います。


猫の世界にも、いろいろあるのですね。


海外でのゲーム名
Nekojara Monogatari

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5295-4da8e432
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック