ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

この記事は 2012年9月3日に投稿された記事を書き直したものです。

 機種
ファミリーコンピュータ
 メーカー
テクモ
 発売日 1988年12月9日
価格5500円
 何ゲー?NINJAゲー
 おすすめ度★★★★★★☆☆☆☆
忍者龍剣伝 タイトル

CM

ゲームプレイ動画(実況あり)


ゲーム紹介(参照:ファミコンロムカセットオールカタログ’91)

最強の現代忍者アクション


主人公は 現代を生きる忍者、リュウ・ハヤブサで
代々伝わる龍剣と忍術を駆使して 敵を蹴散らします。


各章の間にシネマディスプレイ


ステージをクリアするごとに ビジュアルシーンが始まります。
これが、「シネマディスプレイ」です。

アクションゲームの弱点である、ストーリーの追い難さを
美麗なビジュアルでカバーしています。

このシーンでは、章と章の繋がりなどが説明されていて
よりストーリーやキャラクターに 感情移入しやすくなっています。


大技林のゲーム通信簿72点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


コメント
敵がサクサク倒せるのが プレイしていて爽快!

ステージ中 術も使えるのですが、
私はこのサクサク感が好きなので
ほとんどの敵は 剣で攻撃して進めました。

でも、敵に触れてしまうと ふっとばされます。

このゲームは 難しいと言われていますが、
それが たぶん、このノックバックにあります。

なので、このゲームの攻略のカギは
いかにダメージを受けずに進むか、であると思います。


お の れ 邪 鬼 王 !


忍者龍剣伝
忍者龍剣伝
posted with amazlet at 12.10.04
テクモ (1988-12-09)
売り上げランキング: 18222


忍者龍剣伝 攻略

スポンサード リンク


このゲームについてのコメント
昔 近所の年上のお兄さんがプレイしているのを見たことがあって、
この度、3DSで配信されたバーチャルコンソール
初めて 自分で本格的にプレイしてみたのですが、
バーチャルコンソールでなかったら、
1日でクリアはできなかったかもしれません。
(時折mまるごと保存機能を使わせてもらいました)


このゲームでは、ゲームオーバーになっても
そのステージの始めから再開できるので
何度でも すぐにやり直したくなるのですが、
最終面?(ラスボス戦のところかな?未確認)では
やられると まさかのステージ1まで戻されるというね…


そして先にも書いたように ダメージ受けた時の、のけ反り!
ノックバック!

誰もが 鳥に吹っ飛ばされ、崖下に落とされたのではないでしょうか。


当時の子供たちは これくらいのゲームを
普通にクリアしてたんですからね、凄いと思います。

でも 鬼畜というまでの難しさではないですね。

難しいながらも、頑張ればクリアできるという
ちょうど良いバランスがこのゲームの面白さであると思います。

関連記事
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
ノックバックを利用してビルを越え始めたら
リアルTASさん
2012/09/03(月) 05:48 | URL | 異笑 #-[ 編集]
忍術はほとんど使わずクリアしました。ラスボスでは1度も使いませんでした。敵の攻撃を避けるのが きつかった。
2012/09/03(月) 23:38 | URL | Dotama #-[ 編集]
名前も知らない女の子
6面、ボス敗北で6-1に戻されるというのは当時の多くの子供たちの心を粉砕した仕様だと思いますわ。

自分も久しぶりにプレイしたとき予め知っていなければ心が折れていたかもしれません。

アイリーンが人質に取られたとき素直に像を渡すリュウが分からんwww

http://blog.goo.ne.jp/higejin/e/f4b043f35b7aceef83349bb34bb923de
2013/02/10(日) 20:29 | URL | 髭人 #-[ 編集]
ファミコン版はやけにシネマティックに作られてて当時は斬新でした。

使われている曲もよかったし。

懐かしいなぁ。

忍者龍剣伝の続編が
「ニンジャガイデン」
として発売されていることを最近知りました・・・orz
2015/01/17(土) 06:46 | URL | XぼっくすX #-[ 編集]
コメントありがとうございます!
いちばん印象に残る曲は
やはり、やられた時の曲ですね(笑)

何度も聞くことになりますし。


『ニンジャガイデン』については、
過去にプレイ動画を少し見たことありますが
こちらも 難しそうでした(^_^;)


自分は、『忍者龍剣伝』の2と3を まだやったことないので
いつか やれたらな、と思っています。
2015/01/18(日) 02:22 | URL | Dotama #-[ 編集]
このゲームって何度も死にますからアタマの中に残りますよね!

分かります (´Д`)

だって、敵に当たったら自分が吹っ飛ぶから崖や川や谷に落ちる落ちる・・・。
2015/01/22(木) 19:44 | URL | XぼっくすX #-[ 編集]
落ちゲー
敵にダメージ喰らって死ぬより
敵に当たって 自ら吹っ飛んで
穴に落ちることの方が多いんですよね。

やられた時に鳴る音楽の、
一番最後ら辺で 画面にパッと表示される
「GAME OVER」
の文字が印象に残りますね。
2015/01/23(金) 02:02 | URL | Dotama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5275-99dccac3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック