ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

スポンサードリンク


攻略チャートは 他の攻略サイトなども
 参考にさせて頂いております。
ゲーム攻略の質問などは
 私も分かりませんので お答えできません。


ナガサキ
 まず ミコトの装備を整える。



ナガサキ 南の防空壕
 奥で 呪い霊との戦闘。

 しかし ミコトの昇天の特技で
 戦闘はすぐに終わる。


 なんと 船長
 悪霊に とりつかれていたのだった。


 船長が言うには、
 防空壕にあった慰霊碑を
 海に捨ててしまったらしい。

 そのせいで 船の船員たちも
 呪いにかかってしまっている。

 どうやら 新しい慰霊碑を
 建てなければならないようだ。

ちなみに ミコトを仲間にした後
 フクシマの工場にいた
 怨霊と戦闘をして
 ミコトの昇天の特技を使うと
 あるイベントが見られます。



ナガサキ 南の石屋
 慰霊碑作るから
 石を取ってこいと言われる。



東の森
 石屋を出たフィールド上 すぐ東に
 目立つ木が立っている。

 そこから北に5歩進むと
 岩山のエリアに辿り着ける。



岩山
 常人ではとても重くて
 持てそうにない石だったが、
 雷岩の力を借りて
 石を石屋まで運ぶことができた。



石屋
 どこかで寝てから石屋へ行くと
 いれい碑が手に入る。



ナガサキ 南の防空壕
 入ってすぐ右にある
 いれい碑の跡に いれい碑を使う。

 これで 呪いは収まったようだ。



ナガサキ
 病院の2階にいる船長に話し掛けると、
 船員たちの調子も
 どうやら元に戻ったらしい。

 これで 船にタダ乗りができるぞ!


 街の港へ行き、
 南アメリカ行きの船に乗船する。


 そして 航海中、
 何者かの攻撃を受けて
 船は沈没するのであった。

スポンサード リンク


船内
 りんこ無しで 捜索することになる。

 ちなみに
 最初の部屋(だったか?)のベッドに入ると
 休みことができます。


 途中 水中のエリアがあって
 制限時間1分と表示される。

 これがゼロになると、
 パーティのHPが
 どんどん減っていってしまうぞ!


 先で りんこと 無事合流。

 「どこかに救命ボートがあるはずだから探そう」
 と言われる。


 更に先では
 探検家のムナカタが仲間になる。

 ムナカタからは
 ロープ付き弓矢が貰える。


 いったん 最初のフロアまで戻る。

 そこの右下の小部屋にある
 丸い窓の下で ロープ付き弓矢を使うと
 先に進むことができる。

 火がたくさんあるフロアに出るが、
 左上ら辺の扉を開けると 水が流れてきて
 そのエリアの火が消える。

 これにより
 入ることができる扉に入って先に進む。


 先の小部屋で
 今にも 息絶えそうな船長を発見する。


 デモクDr.ポーとかいうヤツが
 この船に積まれていた
 濃縮ウランを奪っていったらしい。

 船長は、
 「せめてあんた達だけでも生き残ってくれ」と、
 救命ボートのある所へと繋がる
 非常口のカギを主人公に渡すと
 死ぬのであった。


 1つ前のフロアにある扉の先に
 カギがかかった扉があるので
 船長から貰ったカギを使って
 先へと進む。


 外へと出るが、
 そこには 救命ボートは無い!

 しかし、偶然?にも
 そこへ救命ボートが流れ着く。


 間一髪!

 救命ボートで脱出した、まさにその瞬間
 船は大爆発したのだった。


 しばらく救命ボートで進んでいると、
 重量オーバーのためか
 ボートが沈みそうになる。

 雷岩は 「自分のせいだ」と、謝罪をした。


 何か不要なものを捨てようと、
 主人公たちは
 船内で手にいれた金塊を始め、
 要らないものを捨てた!
 自分はすべての金塊と、
 不要なアイテム5種類くらい捨てたら
 OKでした!


 救命ボートは 無事持ち直し、
 しばらくすると 次の大陸へと辿り着いた。


 探検家ムナカタは 主人公たちに、
 お礼にと 黒チンを渡すと
 また どこかへと旅立つのであった。


つづく

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5258-3fa2d0f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック