ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


この記事は 2012年6月8日に初投稿した記事を書き直したものです。

 機種
スーパーファミコン
 メーカー
ビクターエンタテイメント
 発売日 1994年7月15日
価格9800円
 何ゲー?何か考えさせられる
ロールプレイングゲー
 おすすめ度★★★★★★★☆☆☆
サンサーラナーガ2 タイトル

1~100本目までのレトロゲームランキング
感動ゲー部門 第2位!

おすすめ認定!


PV

ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:超絶大技林)
子育てRPG『サンサーラ・ナーガ』の続編です。

竜の卵と共に、龍苑の門に捨てられていた赤ん坊が主人公です。

主人公は、少女・アムリタを追って
8つの階層からなる「カーラチャクラ」と呼ばれる世界を
冒険していきます。


大技林のゲーム通信簿76点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


コメント
このゲームは 普通のRPGと違うところがあるので、
面白いか面白くないかで すごく意見が分かれると思うんです。

サクサクとLVを上げて、
どんどん先へと進みたい派の人には向かないだろうし、
この世界観に どっぷりとハマれて、
かつ このゲームの面倒なところを乗り越えられるくらいの人だったら
「神ゲー」と呼んでも言いくらいだと思います。
(竜の子育てやエンカウント面ね)

個人的には『空中庭園』の音楽には 痺れました。
1994年の発売当時振りにプレイしましたが、
今回のプレイでまた 新しい発見もありました。

名立たる巨匠が製作に携わっていることもあって、
内容にとても深みがあるので その辺りも味わってほしい。


サンサーラ・ナーガ2
サンサーラ・ナーガ2
posted with amazlet at 12.10.04
ビクターエンタテインメント (1994-07-15)
売り上げランキング: 11489






サンサーラ・ナーガ2 攻略


スポンサード リンク




執筆を終えて、どたまはこんなことを考えた。


RPGと言うのは、道中で1つ1つのイベントをこなしながら

最終的に エンディングを迎える事で完結するものだと思っていた。


だが、『サンサーラ・ナーガ2』は違っていた。

1つ1つのイベントは絶え間無く繋がっていき、

やがてエンディングを迎えても

その繋がりは 消えることなく続いているのだ。


かつて、ゲームをしていて

こんなにも考えさせられる事があっただろうか?

エンディングを見終えたプレーヤー達は誰もが

達成感とはまた別に、心に何か引っ掛かりを感じたに違いない。


語弊があるかもしれないが、

決して楽しいゲームではないかもしれない。

楽しさや面白さとは違う、貴重な体験を与えてくれる。




ad6d54ec-8042-4692-ae9e-118aca792746.jpg

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5157-73587095
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック