ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005
この記事は 2012年5月26日に投稿された記事を書き直したものです。

 機種
スーパーファミコン
 メーカー
ハドソン
 発売日 1994年12月22日
価格10900円
 何ゲー?みんなのトラウマ
ロールプレイングゲー
 おすすめ度★★★★★★★☆☆☆
大貝獣物語 タイトル

おすすめ認定!


CM

ゲームプレイ動画(実況あり)


ゲーム紹介(参照:超絶大技林)
火の貝の勇者となって
大魔王ファットバジャーの復活を阻止するため戦います。

ビジュアル面を重点に置いた戦闘シーンや
自分で組んだ作戦を 4つまで登録できるオートバトル、
困った時に 仲間が助けてくれる、
「すけっと」システムが特徴的な作品です。


大技林のゲーム通信簿72点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


コメント

動きがスローだったり、エンカウント率が高めだったりと
やってるうちに いろんな不満点は出てくるだろうと思うけど
やっぱりこのゲームは 中身を味わうべきRPGだと思う。
明るそうに見えて、明るいノリでは無いけれど
味わっておいて、損は無い。
…後味は、知らない。


大貝獣物語
大貝獣物語
posted with amazlet at 12.10.04
ハドソン (1994-12-22)
売り上げランキング: 4149






大貝獣物語 攻略


スポンサード リンク


このゲームについてのコメント
上でも書いたように、
ロースピードと エンカウント率の高さが気になるところですが、
遊び要素が盛りだくさんで やってて面白いんです。


サブキャラクター含め、仲間がたくさんいるのも見どころかな。

戦闘中に 仲間同士で話せたり、
仲間によって 見られるサブイベントが変わったりします。

勇者の館で 仲間を選ぶのを忘れぬようにw

スタンプラリーなんかもありますよ。


内容はと言うと、よく
「みんなのトラウマゲー」
として挙げられるくらい 鬱展開で有名な本作。

発売当時にプレイした身ですが、
大人になって そういう評価を見るまで
全然 気にもしていなかった(


そのことを意識して、近年 再プレイしてみたのですが、
鬱な場所は バイオベースだけかと思いきや
ラストダンジョン(←反転で表示)も それなりな場所でございました。


そんな鬱展開もありますが、『大貝獣物語』
個人的には SFCを代表するRPGの1つなんじゃないかなと思います。


…にしても、この頃のSFCソフトは どれも高かったなぁ(

関連記事
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
貝獣物語シリーズは好きでしたねぇ。据え置き機のシリーズは全部クリアしましたよ。(FC版、大貝獣Ⅰ、大貝獣Ⅱ)

ただ、Dotamaさんがおっしゃるようにみんなのトラウマ「バイオベース」ですわw
「私を殺して~」
とか言うんですもんね。しかもみんな救われないというオチ。

Ⅰはそれを洗い流せる(薄めるぐらいかな?)ぐらいのエンディングの良さがありますが…

ちなみに大貝獣ⅡでもⅠほどグロくはないものの救われないイベントが多数、そしてⅠも逃げ出すほどの驚異のエンカウントwww
2013/01/27(日) 07:34 | URL | 髭人 #-[ 編集]
プレイしてから年数が経過していて、このレビューするまで
すっかりストーリーの内容を忘れてしまっていたのですが
ネットでは バイオベースの欝イベントの話が有名になっており
すっかり、バイオベースがラストダンジョンなんだと勘違いしておりましたw

2は 未プレイなんですが
エンカウント率の話聞くと いつかプレイするかもしれませんが、ためらわれますねw(´Д` )
2013/01/28(月) 01:47 | URL | Dotama #-[ 編集]
エンカウント率
「バイオベース」だけが印象に残っていますが
津波で大勢人が死んだりとか村人が全滅させられたりとか人が死ぬイベントが多過ぎるんですよね。
軽い気持ちではプレイ出来ませんわ。

Ⅱに関しては
普通に「RPGをプレイしたい」という方にはオススメ出来ません。
クリアする覚悟がある人にだけ
「やってみたら?」
というゲームです。
Ⅰと同じぐらいの広大なダンジョンにも関わらず数歩で敵出現とか…

後、中古だとデータが非常に消えやすいので注意が必要です。
苦労してクリアしたデータが消え、2度とプレイする気はなれませんねぇ…
http://blog.goo.ne.jp/higejin/e/113063894f7a6c084abeb8aa1be26263
2013/01/29(火) 06:19 | URL | 髭人 #-[ 編集]
レビュー見て知ったのですが これ天外魔境ZEROと同じ 時計入りシステムだったんですね。

普通にいったら (危うく?)当時2も買ってたかもしれませんが
たぶん、この頃はもう、PSでポポロクロイスとかやってたんだと思います(^-^;
2013/01/30(水) 00:56 | URL | Dotama #-[ 編集]
正解です。
Ⅱは時計入りで基本的にアイテムGET用のシステムです。
ただ、その時計のせいでバックアップ用の電池を消耗し、データが消えやすくなるという弊害があるのが何とも…

「ポポロクロイス物語」をやったというDotama殿の判断は正しいです。
貝獣シリーズも好きですからこんなことを言うのはちとツライところなんですがね…
2013/01/30(水) 07:17 | URL | 髭人 #-[ 編集]
なるほど、時計のせいで データが消えやすいのか…

天外ZEROは持ってたのですが
特定の日に開かれるイベントがあったりして
その前日からゲームしながら待機して
日にちが切り替わる瞬間を ゲーム中で迎える、なんてことを当時やってたのを思い出します。

ポポロクロイスも、もう結構内容を忘れていますが
当時一生懸命やってたゲームです。
自分プレステデビューが遅かったのですが、
本体と一緒に買ったゲームが ポポロクロイス物語だったような覚えがあります。
2013/01/31(木) 04:39 | URL | Dotama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5127-3f8527b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
何ゲー?みんなのトラウマゲーこのゲームをプレイ済の方へのコメントスロースピードと エンカウントの高さは気になるところですがSFC屈指の名作だと思います。鬱な場所は バイ
2012/05/26(土) 07:19:37 | まとめwoネタ速neo