ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


この記事は 2012年3月29日に投稿された記事を書き直したものです。

 機種
ファミリーコンピュータ
 メーカー
ナムコ
 発売日1990年12月14日
価格5800円
 何ゲー?ボスバトルが特殊な
アクションゲー2
 おすすめ度★★★★★★★☆☆☆
ワギャンランド2 タイトル

おすすめ認定!


CM

ゲームプレイ動画(実況あり)

ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:ファミコンロムカセットオールカタログ’91)

ワギャンの息子が冒険に出発


前作の主人公、ワギャンの息子である
ワギャン2世を主人公にした アクションゲームの続編です。

ボスとの対決方法が 2種類から5種類に増えるなど、
更にパワーアップした内容となっています。


大技林のゲーム通信簿72点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


どたまのレビュー
前作をパワーアップさせた、といった感じ。
通常ステージでは アクションをこなし、
ボスバトルでは パズルというスタイルもそのまま。
パズルの種類が増えてるから、その点の変化が大きい。
前作よりも 雰囲気が明るくなった気がする。


ワギャンランド2
ワギャンランド2
posted with amazlet at 12.10.04
ナムコ (1990-12-14)
売り上げランキング: 19053


攻略情報
ゲーム情報/『ゲームカタログ@Wiki ~クソゲーから名作まで~』さま
ゲーム攻略/『マッパーズ』さま

スポンサード リンク


このゲームを振り返って
1の方は、小さい頃遊んでいて ちょっと雰囲気がダークで
なかなか進んで遊ぶ気になれなかったりしたのですが、
2は 遊んでみたら、そういった印象を受けなかったので
私は どちらかと言えば、1よりも2の方をよくやっていました。 


ステージ途中で 特殊アイテムが取れるようになったのですよね。

こういったアクション面での変化の他に、
おなじみ、ボスキャラとのバトルでは 新しいパズルが追加されました。

その中で、私は数字探しが割と得意でしたね。

ボスキャラによって 対戦することになるパズルが異なるのですが、
アクションステージ途中の ルート選択によっては
遭遇しないボスもいるので、あまりお目にかからないパズルもありました。

パネルじゃんけんは 印象薄いな~。(^ _ ^;)
ほとんどやってない気がする。


ゲームの基本的なルールは、前作とほとんど変わらないので
1を遊んでいた身としては、とても遊びやすかったです。


ゲームの内容とは関係ないですけど、
当時、このゲームのフタが とにかく開かなくって
ゲームをやるまでが 大変だった覚えがあります(笑)

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
得手不得手
数字探しは視野が極端に狭い人なんかには難しいかもしれません。
「神経衰弱」は法則性を見抜くこと「しりとり」は運と裏読みで勝てますが数字探しはモロに実力が物を言うゲームですから勝てない人は相当勝てない。
自分も結構狭いほうですから敵の動きを見て、敵よりも素早くカーソルを動かして選ぶことが多々ありましたw
2013/02/06(水) 05:42 | URL | 髭人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5012-b50bd8b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック