ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


この記事は 2012年3月19日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

タルるート タイトル

機種ファミリーコンピュータ
メーカーバンダイ
発売日
 1991年3月21日
価格5,800円
何ゲー?タルるートくんのアクションゲー(ファミコン)
おすすめ度★★★★★★★☆☆☆
おすすめ


ゲームプレイ動画(実況あり)


ゲーム紹介(参照:超絶大技林)

小さな魔法使い
タルるートくんが主人公の
コミカルなアクションゲームです。


ボードゲーム風のマップを
移動しながら
ある地点まで行くと、
横スクロールのアクションになるという
『スーパーマリオブラザーズ3』
タイプのゲームです。


大技林のゲーム通信簿採点なし
・30点満点を100点満点に換算して計算、
 小数点以下を四捨五入


どたまのレビュー

原作の世界観を、
上手くゲームと融合させてると思う。

元々、アニメやマンガの方は
知ってたんだけど、
見たことあるシーンが
そのままゲームになってて
子供の頃は、
わくわくしながら遊びました。


原作を知らない人でも、
ゲームをやる人なら
「なかなか難しいアクションンゲーム」
として 楽しめるんじゃないかな。


まじかるタルるートくん


スポンサード リンク


タルるートくん 攻略






原作ファンならより楽しめる

ゲーム専用の
オリジナルキャラクターも出てくるけど、
原作の主要キャラクターや、
馴染みの魔法アイテムがたくさん登場し、
それらが上手く
ゲーム中に使われていて楽しい。


雰囲気が良いので
原作を知らない人でも、
やってて楽しめるゲーム
なんじゃないかと思います。


個人的には 当時、
原作でも熱中した
どわっは大王が登場する、
ワールド3が大好きだったりします。



お決まりの?

バンダイのキャラゲーと言えば、
やはりその難しさ

この『タルるートくん』
それは例外ではなく。


ゲームを有利にするアイテムを
使うことができるので、
それらを上手く使いこなせば
楽にはなるのですが…(


ただ、アイテムを使わなくても
理不尽な程の難しさではないと思います。
個人の感想です。



セーブは命より重い?

各ステージ終了後に
ミモラちゃんが運営する?
お店に行くことができ、
ここでいろんなアイテムが買えます。


ステージ中などでゲットした
たこ焼き(タルの好物)が
お金の代わりになります。


そしてここでは、
タルの残機を上げるアイテムも
購入することができます。


ステージ上でも
1UPアイテムが
隠されていることがありますが。



各ステージを攻略するのに
役立つアイテムも売っていますが、
ここには
ゲームをセーブするアイテムも売っていて
これが
1UPアイテムよりも値段が高い!


各ステージに用意されている
たこ焼きも有限なので
アイテムは
よく考えて買っていかないと
プレイする上で、
後々 困ることになるかもしれません。


それぞれのステージ攻略を
有利にするアイテムを買うか、
それとも
セーブができるアイテムを買うか、
いや アイテムなど使わない、
強気のタルで攻めるのか…



♪たこたこ


やきやき♪

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
いつの間にやら残機がカンスト
先週のバレンタインデーにクリアしましたわ。そんな日に何やっとんねんって話ですが(苦笑)

カエルとバッグを買いまくっていました。ちなみにバッグの利用方法を知ったのはステージ5ぐらいから(笑)
で、上手くセーブしながらプレイしていたら残機が99機になってましたね。この残機をたこ焼きに変換できていたらな~…

http://blog.goo.ne.jp/higejin/e/34369f6df5d0800485ce3b7ea91d047c

ちなみに、Dotama殿がプレイされていたのでこのゲーム勝手クリアしたわけです。
実は2もクリアしたけども、数年前のことなので内容は全然覚えてないのでレビュー出来ない(笑)
ただ、相当イライラしていたということだけは覚えています。
ちょっと思い出すためにプレイしてみようか?
2013/02/19(火) 21:01 | URL | 髭人 #-[ 編集]
どわっは大王のステージが好きです。
コメントありがとうございます。
私のレビュー見て プレイして下さったのですか?
ありがとうございます!(´Д`)

ファミコンの『タルるートくん』は 1の方が印象に残ってますね。
単にアクションゲームとしてだけじゃなしに、
原作のシナリオが再現されてたり、
魔法アイテムの解説も読めたりして、
中身が ちゃんとキャラゲーしてる感じが好きでした。

1が、難しいながらも 楽しかった印象があったので
2をプレイした時にはもう、「どうしてこうなった?」
と思わざるを得ませんでした…

また機会がありましたら、2もプレイしてみて下さい…w
2013/02/20(水) 00:44 | URL | Dotama #-[ 編集]
何故か「2」が手元あって、既に「2」をクリアしていたので「1」やろうかどうか迷っていたんですが、こちらのブログを見て背中を押された形ですわ。

「2」はちょこっとプレイして(もしくはプレイ動画でも見て)記憶が蘇ってみたらレビューしてみようと考えています。
2013/02/20(水) 06:43 | URL | 髭人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/4989-a90a2e6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック