ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


この記事は 2012年3月15日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

 機種
ファミリーコンピュータ
 メーカー
サン電子
 発売日1985年11月28日
価格4900円
 何ゲー?巷で”クソゲー”と
言われるゲー
 おすすめ度★★★★☆☆☆☆☆☆
いっき タイトル

CM

ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:ファミコンロムカセットオールカタログ’91)

民衆の怒りが爆発する

江戸時代の「一揆」が題材となっているアクションゲームで、
悪い代官を倒すのが目的です。

忍者などの敵の攻撃を避けつつ、
マップ上にある小判を8枚集めると、1ステージクリアとなります。

2人プレイが可能です。


unnamed_2016110301474074e.jpg 2_20161103014747277.jpg
        ↑小判を集めよう            ↑ステージクリアだ


大技林のゲーム通信簿点数無し
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


どたまのレビュー
良い意味でも、悪い意味でも?有名な作品。

ゲームの面白さは、正直…な感じだけど
このゲームの存在感そのものに
★1つ、プラスといったところでしょうか(汗)

何と言っても テンポが良いんですよね。
あっという間に始まって、
気が付いたら終わっているようなゲーム。


これからこのゲームで遊ぼうとしている方へ

まずは 電源を入れた途端、
勇ましく鳴り響くBGMをじっくりと聴いてみて下さい。

今まさに立ち上がらんとする、
農民たちの鬨の声が聞こえてくるかのようですよ。


「権べ」「田吾」、たった二人の農民一揆…


武器はなのですが、違う武器(竹槍)を取ると
かえって扱い辛くなったりするので、注意が必要です。


いっき


ファミコン いっき
スポンサード リンク




私が このゲームで遊んでいたのは、まだ幼稚園くらいの頃だったので
当時はまだ”いっき”というのが何なのかが分かりませんでした。


何年か経って、社会の授業で 一揆のことを習って
その言葉の意味が分かった時に、
なぜ サン電子(サンソフト)さんが
この題材をゲームにしようと思ったのか 不思議でなりませんでした。


「よし、今度作るゲームのテーマは”一揆”だ!

 タイトルは ひらがなで ”いっき”でいくぞ!!」



「…それ… 賛成ですゥ!」


そんな開発会議が当時あったのだろうか、と考えたりしました。




敵にやられてから、ゲームオーバー音が鳴るまでの流れが好きです。



デーン


関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
風評の中身はともかく、ここまでメジャーになったんだから制作者も本望だろうて。
2012/03/15(木) 07:02 | URL | 異笑 #-[ 編集]
『かってに改蔵』でも昔『いっさ』として取り上げられてたね。
2012/03/15(木) 17:04 | URL | Dotama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/4976-fe387c90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック