ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

スポンサードリンク


この記事は 2012年3月3日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

 機種
ファミリーコンピュータ
 メーカー
サン電子
 発売日1986年7月3日
価格4900円
 何ゲー?独特操作感の
ムズアクションゲー

 おすすめ度★★★★★☆☆☆☆☆
東海道五十三次 タイトル

ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:ファミコンロムカセットオールカタログ’91)

愉快な痛快な時代劇ゲーム

花火職人・カン太郎が主人公のゲームです。

新しい花火の製造法を付け狙う
悪徳商人・剛左衛門一味と対決しながら
カン太郎は 江戸を目指します。


1_20161213012322e5d.jpg 2_20161213012327eca.jpg
        ↑花火が上がった             ↑橋の下にも敵がいるぞ


大技林のゲーム通信簿58点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


どたまのレビュー
何と言ったらいいか。
レトロゲームの中で ちょうど真ん中の立ち位置にいるようなゲームだと思う。

レトロゲームのキング・オブスタンダード?
(漢字だけのゲームタイトルとはマッチしないけど)

当然のように難しいのだけど、理不尽な難しさではない。

キャラとか背景とか、なかなか細かく作られていますよ。


東海道五十三次


ファミコン 東海道五十三次
スポンサード リンク




あと江戸まで何十里?

このゲームの曲に 歌詞が付いているということは
『ゲームセンターCX』で、
この『東海道五十三次』が取り上げられた回を見て
初めて知りました。

あの放送を見てからは、このゲームの曲を聴くと
どうしても 歌詞が頭に浮かんできてしまいます。


曲と言えば 昔のサン電子(サンソフト)のゲームって
どれもオープニングの曲に勢いがありますよね。

このゲームも タイトル画面の音楽のテンポ早いですし。


『いっき』も、スタートボタンを押すと
かなり疾走感ある曲が流れますよね。


カン太郎を上手く操ることができるか

敵の攻撃とか そんな激しくないんです。

このゲームの何が難しいって、主人公のカン太郎の制御が難しい。
独特の操作感が プレイヤーを惑わせます。


加えて、攻撃方法のかんしゃく玉投げなのですが、
これが結構 前の方に飛んでいくので
敵への狙いが付けにくいのです。
(時には しゃがみながら放つことも必要)

こういった 操作面でのクセが、このゲームの難易度を上げています。


更に、エンディングを目指すのであれば
このゲームは コンティニューがなくて、一撃死システムなので
一層、難易度は高くなります。


江戸への道のりは、果てしなく遠い…


がんばってね ももこ

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/4953-186099ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック