ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


この記事は 2012年2月28日に初投稿した記事を書き直したものです。

 機種
スーパーファミコン
 メーカー
シグマ商事
 発売日 1992年4月24日
価格8700円
 何ゲー?バグバカ
ロールプレイングゲー
 おすすめ度★★★★☆☆☆☆☆☆
摩訶摩訶 タイトル

1~100本目までのレトロゲームランキング
苦労ゲー部門 第3位!


CM

ゲームプレイ動画(実況あり)


ゲーム紹介(参照:超絶大技林)
異色漫画家の相原コージが キャラクターデザインを担当した
怪しさと、独特な雰囲気に包まれた世界観が売りのRPGです。

両親をミジンコにされた主人公が、ガールフレンドと共に
マカマカ団の陰謀と戦います。


大技林のゲーム通信簿70点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


コメント
なぜ このゲームを買ってもらったんでしょうかね。


…パッケージを見て、何か惹かれる物を感じたのかな。

たぶん、当時 『摩訶摩訶』を買った人たちは
同じような感覚に陥っていたのではないでしょうか。


いざ遊んでみると、確かに遊びにくいながらも
普通に遊べるRPGではあるんですけど
どうも、やっててすっきりしない(笑)


所々バグってるって言うのも理由の1つだろうけど、
そんなもの 当たり前になって、もう慣れてくる。
しばらくソフトを 炎点下に放置したままにしたので
 てっきり壊れてしまったのかと思っていた。


ゲームの設定は とても良いとは思うんです。


出来さえ、
出来さえもっとしっかりしてれば… と悔やまれる一作。


バグを含めて、これが『摩訶摩訶』なんだと楽しんでみましょう。


摩訶摩訶
摩訶摩訶
posted with amazlet at 12.10.04
シグマ商事 (1992-04-24)
売り上げランキング: 9339



摩訶摩訶 攻略

スポンサード リンク




執筆を終えて、どたまは こんな事を考えた。



「摩訶」という単語を辞書で開くと

そこには 「大いなる」だとか、「優れている」とあった。



「不思議」な響きを持つ この『摩訶摩訶』というタイトルそのものに、

私は「摩訶不思議」な感覚を抱き、

同時に、この作品は

”不思議さの極致”を目指した作品なのではないかと思った。



実は、私は 『摩訶摩訶』ほど

「してやられた!」と思わさせられた作品は、かつて無い。



ラスボスの容姿に驚かされ、

苦労の末 辿り着いたエンディングの余韻に浸っている時に

何気なく目に飛び込んできたゲームパッケージを見て

思わず苦笑してしまった程だ。



「不思議」を通り越した、

型に嵌まらないアイデア。



そういったインパクトの数々が この作品の魅力であって、

今尚 多くのチャレンジャーを受け入れているのであろう。




f8a260ea-e291-4a0e-90ff-386d4f089732.jpg

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/4942-26c882d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック