ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

スポンサードリンク


この記事は 2012年2月26日に投稿された記事を書き直したものです。

 機種
ゲームボーイ
 メーカー
任天堂
 発売日 1989年6月14日
価格2600円
 何ゲー?超有名落ちゲー
 おすすめ度★★★★★★★★★★
テトリス タイトル

レジェンド認定!!


CM

ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:ファミマガオールカタログ)

2つのモードで魅力倍増

このゲームには 1Pモードと2Pモードがあって、
1Pモードは更に、ルールの違う
ゲームAとゲームBという 2種類のゲームに分かれています。

1Pで ひたすら自分の反射神経の限界に挑戦するのもいいですが、
このゲームの一番の面白さは 白熱の対戦モードにあります。


大技林のゲーム通信簿83点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


どんなゲーム?
画面上から いろんな形のブロックが落ちてきます。
積まれたブロックは 横一列に並べるとブロックが消滅します。

たまに縦に長いブロック(テトリス棒)が落ちてきますが
これを使って 一気にブロックを4列分消滅させると、
高得点が狙えます。

画面上の部分まで ブロックが詰まってしまうと、
ゲームオーバー。


ひたすらブロックを消し続けて 高得点を競う Aタイプと、
あらかじめ 画面上にブロックが散りばめられていて、
これらを消しつつ ノルマ消化を目指すBタイプ
2つのモードが用意されています。


良かった点
・圧倒的遊びやすさ…!
 すぐに遊べる。そして いつしか熱中している。

・何度でもプレイしたくなる中毒性
 プレイ後には「ああすればもっとラインを消すことができたかも」と
 次のゲームをプレイしている。
 パズルゲームなので思考力も必要だけど、
 指使い(テクニック)も必要になってくる所が面白い。


気になった点
・スピードアップ後のブロック対処
 レベルが上がると ブロックの落下スピードもどんどん速くなってくるけど
 その状態で ブロックの置き位置のミスを1度でもしてしまうと
 立て直しをするのが困難なので、
 それが即ゲームオーバーへと繋がってしまう。


テトリス
テトリス
posted with amazlet at 12.10.04
任天堂 (1989-06-14)
売り上げランキング: 14181


ゲームボーイ テトリス 攻略

スポンサード リンク


このゲームを振り返って

ゲームボーイと言ったら、『テトリス』のこと。

そう言っちゃっても いいんじゃないかな…

当時 ゲームボーイ本体と
一緒に持っていた方も 多かったのではないかと。


他の機種でも テトリス作品はいろいろ登場していますが、
このゲームは 携帯機であるゲームボーイとの相性が
奇跡的とも言えるくらい、良かったのではないかと思います。


テトリス=どこでも手軽に楽しめるゲームという流れが
後のミニテトリスブームを作ったのかな?


今でこそ、スマホなどで 似たようなゲームを
いつでも、どこでも遊べるようになったかもしれないけど、
今 振り返っても、この『テトリス』の存在というのは
とても大きかったのではないかと思います。


バックに流れるロシア音楽がまた、
ゲームボーイの『テトリス』の存在を際立たせてるんですよね。

私は今でも、ロシア風の音楽を聴いたら
たぶん真っ先に ゲームボーイの『テトリス』を思い浮かべてしまいます。


私は確か、Aタイプ210ライン消しまでいったんですけど、
消せば消すほど、落下スピードが早くなって
終いには 何やってるかよく分からなくなるんですよね。

Bタイプも、クリア後に出る ロケット目当てで
小さい頃 頑張っていたものです。

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/4934-f5b49d64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック