ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

スポンサードリンク


この記事は 2012年2月26日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

オセロ タイトル

機種ファミリーコンピュータ
メーカーカワダ
発売日
 1986年10月13日
価格4,900円
何ゲー?白黒付けるゲー
おすすめ度★★★★★☆☆☆☆☆


ゲームプレイ動画(実況なし)


ゲーム紹介(参照:ファミコンロムカセットオールカタログ’91)

お茶の間ゲームの王様


自分のレベルに合わせて、
4つのレベルのコンピューターと
対戦ができます。

ですが、はっきり言って
コンピューターは強いです。

2人対戦用モードもあるので、
友達とも遊べます。



大技林のゲーム通信簿55点
・30点満点を100点満点に換算して計算、
 小数点以下を四捨五入



どたまのレビュー

シンプルなオセロゲーム。


コンピュータもなかなか手強いので、
やり応えがあります。


BGMも少ないし、
本当に シンプル過ぎるので
かなり初期のゲームかと思ってたら
ファミコン発売から少し経った
1986年の作品。

正直、もっと古いかと思ってました。


ちなみに 私は白派かな。



オセロ パッケージ


スポンサード リンク


オセロ 攻略






ファミコンでオセロゲーム

実物のオセロをやると、
1枚ずつ 手で
めくっていかなければならず
終盤にもなると 石をめくる回数も
多くなってくるので
とても大変です(


でもコンピューターゲームだと、
石を自動的にめくっていってくれるので
楽で いいですね。



当時は、ゲームを遊ぶまでには
ファミコンのセッテングこそ必要でしたが、
シンプルで、かつ手軽に遊べて
熱中できるゲームでした。


今では、オセロ(リバーシ)は
携帯電話のアプリなどで
配信されていたりして、
無料なのが 当たり前の時代に
なっていますね。



VSコンピュータ

小さい頃は、
LV1のコンピューター相手にも
なかなか勝たせてもらえず。

LV4なんて なおさらで。


LVを上げると、
コンピューター側が長考に入って、
1ゲームにかかる時間が
長くなってしまうのですよね。



今やったとしても、
LV4には 勝てる気はしません(


LV4に勝利すると、
LV5と戦えるみたいなのですが…


無理。

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/4930-00699fe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック