ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

スポンサードリンク


この記事は 2012年2月22日に投稿された記事を書き直したものです。

 機種
ファミリーコンピュータ
 メーカー
任天堂
 発売日 1990年7月27日
価格4900円
 何ゲー?親もプレイゲー
 おすすめ度★★★★★★★☆☆☆
ドクターマリオ タイトル

1~100本目までのレトロゲームランキング
熱中ゲー部門 第3位!

おすすめ認定!




ゲーム紹介(参照:ファミコンロムカセットオールカタログ’91)

マリオがお医者さんになった


お医者さんになったマリオは、バイキンくんを退治するために
バイキンくんのはびこるビンの中に カプセルの薬を投げ込みます。

バイキンくんは、赤・青・黄と3種類いて
カプセルも同じ色の組み合わせでできています。

バイキンくんを退治するには、バイキンくんと同じ色のカプセルを
縦・横どちらかに 4つ以上並べるしかありません。


大技林のゲーム通信簿74点
・30点満点を100点満点に換算して計算、小数点以下を四捨五入


レビュー
ゲーム中に流れる音楽のタイトルである『FEVER(熱)』のように、
シンプルながらも 思わず熱中してしまう。
なぜかこのゲームは、当時 私の家でもそうなのですが
親も一緒にハマっていたという方が多かったみたいです。
そういった意味でも、家族みんなで楽しめるような作品として
おすすめしたい一本です。

ドクターマリオ

スポンサード リンク


このゲームについてのコメント(ネタバレあるかも…)

どんなゲーム?(自分なりに紹介バージョン)


上の紹介と ほとんど同じ内容になりますが 自分なりにアレンジして紹介させてもらいます。

ビンの中に 青色のバイキンちゃんがいます。

外から マリオが絶え間なくカプセルを投げてくるのですが、
このカプセルには ランダムで2色の色が付いています。

バイキンちゃんと 同じカプセルの色を
縦・横 4つ以上並べると、バイキンちゃんは消滅します。

ビンの中にいるバイキンちゃんを 全て消滅させると
そのステージは クリアとなります。

カプセルが ビンの入口部分まで溢れてしまうとゲームオーバーです。


上手く消せないからこそ、面白い


同じ落ちものパズルゲーとしては 『ぷよぷよ』シリーズとは違って、
カプセルを横向きにして、半分だけ載せるように置いても、
もう片側が千切れて 下に落下していかない所がミソかな。

この違いが 『ドクターマリオ』というゲームの個性になってて、
最後まで残ってしまったバイキンちゃんを片付けたいのに、
気が付くと、そのバイキンちゃん周辺に 要らないカプセルが重なっていたりして
結局、それが片付けられなくて 一気に詰んでしまう、なんてこともある。

逆に、そういう際どい場面で カプセルを横向きに
シュッと回転させて 奥に入れ込んだりすると クリアに近付けたりするので、
そういった所がまた、面白かったりするのです。


昔はできた、と言わせて

このゲームは 昔っから得意で
HIのレベル24もクリアして、ループさせたこともあります。


5年くらい?前、職場の人と訪れた とある店に、ファミコンの試遊機が置いてあって
そこに差さっていたソフトが、この『ドクターマリオ』


「ああ こりゃ やらなあかんわー」

心の中の俺が、そう叫んだ。


…ちょっとくらい いい所見させてよ。


そんな訳で 何十年ぶりかの『ドクターマリオ』をやってみた訳ですが、
正直、それほどゲームの腕は 衰えていないだろうと思っていたのです。





コントローラーのせいにしました。
(…実際 ボタン効きにくかったんだよ…)


どたまが このゲームで一番印象的だったところ
HIのレベル20をクリアした後に現れるデモ

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
パズルゲーは苦手
レベル24!?凄いですね。
自分はパズルゲー苦手なので20面もたまにクリア出来るかどうかというレベルですわ。

CMは懐かしく楽しそうで好きですわ。ここ最近のCMは「家族で遊ぶ」とか「芸能人がプレイしてるだけ」とか…
こじんまりしちゃって非常に残念。

http://blog.goo.ne.jp/higejin/e/0a07b2169a0966f244a20ee8ecf24fb3
2013/02/13(水) 18:51 | URL | 髭人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/4928-5c90ccc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック