ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005
この記事は 2013年10月17日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

 弟切草 タイトル

機種スーパーファミコン
メーカーチュンソフト
発売日
 1992年3月7日
価格8,800円
何ゲー?初のサウンドノベルゲー(ミイラ)
おすすめ度★★★★★☆☆☆☆☆


ゲームプレイ動画(実況あり)


ゲーム紹介(参照:超絶大技林)

「サウンドノベル」という、
新しいジャンルを開拓した意欲作です。


洋館を舞台に、
主人公と恋人の奈美が
ある事件に巻き込まれていくという
ストーリーです。


画面上に表示される小説を読みながら
主人公の行動や、
セリフを選択してゲームを進めていきます。


選択肢次第で、
その後の展開が変化していきます。



大技林のゲーム通信簿78点
・30点満点を100点満点に換算して計算、
 小数点以下を四捨五入



どたまのレビュー

『弟切草』の登場は、
新しいゲームジャンルの
登場でもありました。

この作品の後、
サウンドノベル形式のゲームが
続々と登場しましたね。


サウンドノベル最初の作品
ということもあってか、
後続の同系統作品にも触れていると、
改めて『弟切草』をプレイした時に
どうしても粗っぽさを
感じる所も見られますが、
それでもやはり
この『弟切草』という作品の誕生は、
一種の発明だったのではと思えるのです。


弟切草



[②【215本目】 弟切草(スーパーファミコン)]の続きを読む
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ