ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005
東福寺を出ると、少し人通りも少なくなりました。


そこで見つけたのが雪舟庭園

紅葉の列に並べなかった代わりにと
少し立ち寄ってみることに。


NEC_0001.jpg




NEC_0002.jpg




NEC_0003.jpg

ここはきっとベストスポット。
必ずといっていいほど皆撮影していきます。


ふっと立ち寄った場所が
思いがけず良い所で 和めたし良かったです。


この後 清水寺方面の電車に乗ろうと
また駅の方へ歩き出したのですが、
後から後からやって来る人で周辺は大変な混みようでした。


間違ってもこういう時期に
車で来るもんじゃないな、と思いました。


つづく

人気ブログランキングへ
200707081858000_320.jpg
辺りが暗くなってきた頃、
彼方に見えるは船と塔



200707081858001_320.jpg
ごん太灯台、を下から

↑実際はそんなに太くは無いと思うのですが、
この場所で一同は記念撮影を致しました



200707081859000_320.jpg
夢の海の向こうに見えるは現実の海



200707081922000_320.jpg
これで写真はおしまいです


本当はこの後も撮ったのがあるんですが、
ぼけてしまってもう何なのかが
自分にしか判らないものばかりなのでカットします。


久しぶりの写真連打記事でした。


今度の連打は東京?の記事になるのでしょうか。


おわり

人気ブログランキングへ
200707081214000_320.jpg
川の流れのように



200707081309000_320.jpg
アリエルのエリアにあったコースターも
なかなかの絶叫系でした

これが一番怖いと言う人もいるはず…


…いると思う



200707081813001_320.jpg
ここも絶叫系


正面の造りが良いと思ったのは
インディ・ジョーンズのアトラクションでした。


あ、インディ・ジョーンズの所は
内部の造りも非常に面白くて
小さい頃に、小学校の教室を使った出し物で
何か冒険的なもの作るとしたら
全力を出してここまでやりたかった!
って思させられるような造りでした。


一瞬だけど万博も思い起こしましたね


インディ・ジョーンズも、最後は絶叫系なのだけど。


つづく

人気ブログランキングへ
200707081128001_320.jpg
売店だったと思います



200707081207000_320.jpg
この山が見事に造り込んであるんですよね



200707081208000_320.jpg
スパイラル



200707081208001_320.jpg




200707081212000_320.jpg
アリエルのエリアは子供チックだったので
なかなかより辛かったです


つづく

人気ブログランキングへ
この前行ってきた
あの場所の写真をようやく載せていきたいと思います。


キャラクターももちろん撮ったのですが、
その辺はきれいさっぱり。


この携帯やはり画質が最悪だわ。

設定が悪いか?


わざと古ぼかして撮ってる感じになってしまったわ。

200707081119000_320.jpg
これは入口付近だったか



200707081125000_320.jpg
別角度っす



200707081127000_320.jpg
これですこれ

周りが低いので
初めて見るとめちゃめちゃ高く感じることでしょう

そして同時にめちゃ巨大な感じに圧倒されることでしょう



200707081128000_320.jpg
こういう形の建物は都市部で見たことないので
斬新な感じがしました


つづく

人気ブログランキングへ
「まさか あそこまで走らんと思わんかった」

レンタカー屋で合流し、
俺の車に乗せたまちるだが言った。


以前もまちるだの運転する車と、
俺の車が一緒に走った時、
馬力の違いから俺の車が大差を付けられ
スピード調整してもらったことがあった。


本当に、俺の車は走らない。

否、決して走らない訳ではないのだけど、
そこを無理して走らせようものならば、
またいつかのように壊れない保障はない。



帰りに一緒に飯へ行くことになった。

俺の提案でOKと言われたので、
俺は真っ先にごちまるへ誘った。


ごちまる久しぶりだ。


一旅を終えた2人はそこでいろいろ話した。

もう若くないのだ、
年を取ったのだということを実感させられるみたいな内容だった。


何気に飯はよく腹に入った。

まちるだから、よくそんなに食えるなと言われた。


感じ良さ気な店のおばちゃんに別れを告げ(?)店を出た。


にしてもここに来ると
営業時代の俺を嫌でも思い出すから何とも言えない。


それでもやって来る俺も悪いのだけれど。

やはり刺身だ好きだ。


まちるだを家まで送ると、
俺の車のガソリンがほとんど無いことに気付いたので、
そこから近所のGSへ入れに行った。


入れている途中で
車内にまちるだの忘れ物があることに気付いたので
一度TELを入れてすぐに、まちるだの家まで届けに行った。


黒いシャツだった。


後はというと、
それぞれに買ったおみやげを渡す仕事が残っている-


おわり

人気ブログランキングへ
俺は運転する気無かったけど、
かねいちがキーを強引に渡してきたので舵を握った。

死んでも知らないのに。



俺が運転する時には車内はいたって静かだった。

おかげで俺も運転に集中できた?のかもしれない。


結構走った。


東京から静岡に突入し、
浜名湖くらいまで行こうと思っていたけど、
そろそろかな?と思ったので
富士川という所でいったん車を停めた。


キーはまちるだに渡った。



まちるだの運転の時も車内は静かで。

夕べ、俺の泊まった部屋から聞こえてきたのと同じ
大いびきが後ろの方から聞こえてきた。


俺は助手席でまちるだと語っていた。


そこに、職場の人からのメールが。

夕べ、前の店長と電話で話した
人事についての内容だった。


どうやら職場に正式に辞令が出たらしく、
それについて聞きたいといった感じだった。


内容が内容だし、
車内は静かなので電話よりメールを選んでいたけど、
質問攻めにあったので、
しゃーなく電話をお願いすることにして語った。


これも30分くらい。

いやそれ以上か。


まちるだと会話しつつ、俺も少し寝つつ
帰り道というのはやはり早く感じるものであっという間に
愛知、岐阜へと辿り着いた。


各々を降ろし解散。

2日間に渡る千葉の旅は終わった。


後はレンタカーの返却が残っている。


アルファードはまちるだが運転し、
俺は自分の車を出す。


そしてレンタカー屋でまちるだが車を返したら、
俺の車で まちるだを連れて帰るということになっていた。


つづく

人気ブログランキングへ
部屋に戻り爆睡している2人の間のベッドで横になると
俺もつい、すぐ寝てしまった。



朝方にまちるだが大浴場へと向かう姿が伺えた。

俺もそれで起きたのかもしれない。


部屋が暑かったので、
俺は勝手に冷房を付けていたのだけど、
まちるだはそれを、寒かった、と言った。



朝食は1階にある食堂でバイキング。

行列が出来ていた。


ここで結構食ってしまったから
後で食えなくなってしまったのだ。

かねいちが、
これが普通のバイキングでの食い方や、
とか言って、食って、速攻帰ってしまった。


ホテルではコンビニにあったATMで
ようやく金が引き出すことができたので、
ここの売店でも少し土産を買った。


そしてさようならホテル。

グッバイ千葉県。



今度の舵はかねいちが握る。

千葉を出る前にGSでガソリン補充。


渋滞やら何やらを越え
高速に乗り車は進んでいった。


かねいちは運転しながら、
首都高から見える景色を窓から見ようとしていた。

危ないって。


かねいち:俺、いつもこうやし。


首都高から中央道へ。

そこから見えてくる景色が斬新だった。


誰かの歌にあったように、
そこに東京競馬場が見えたり
遠くの方に林立する東京のビル郡が見えたり。


かねいちがそろそろ休みたいと言ったので、
石川PAという所で車は一旦停まりました。


つづく

人気ブログランキングへ
部屋に入るとまちるだ

「風呂(大浴場)行こめー!!」

と言った。


しかし、俺は後30分くらいで
前の店長に電話する用事もあって
時間的にも都合が悪かったので
その誘いを残念ながら断った。


かねいちはさらさら行く気が無いみたいだ。


まちるだは1人で行くのが絶対嫌らしく
、結局1日の疲労からか布団の上にいるうちに寝てしまった。


かねいちも直後に寝てしまった。


俺は1人、テレビを見ていた。


リアルタイムでガキ使が見られる、
と期待していたが、これが見られず残念だった。


俺も極度に疲れていたので、
横になるとすぐにでも寝てしまいそうだったけど
時間が来るのを待って、いよいよ店長に電話をかけた。


内容があれだった。


結構芯をつく話。

主に人事的な話だった。


30分くらいの電話を終えて一息付くと、かねいちから

「どんな話しとるんやて」

と言われた。

こいつは起きていたのだ。


その後かねいちは1人
大浴場へと旅立った。


俺もかねいちが風呂から帰ってきてから、
深夜1時までやっている風呂の営業時間に間に合うようにと
上へ向かった。


眺望が売りの大浴場だったけど、
真っ暗で特に何か見えたわけでも無かった。


時間ぎりぎりだったせいか
全く混んでなかったのでゆっくり浸かることができた。



そしてその後
直接ロビーにあるコンビニで簡単に買い物を済ませ、
ロビー近くにあるインターネットコーナーでしばらく時間を使った。


つづく

人気ブログランキングへ
かねいちが そばにいたキャストに尋ねて、
花火は確かにあるということを聞いた。


それは入場口付近から見えるものだった。


入口そばに巨大地球儀があり、
一同はそこに腰掛け時間を待った。


遠くで何発もの花火が上がった。


先ほどのイベントを見逃したのはお互い大打撃だったが、
花火がそれを何とか収めたような気もした



車に戻り、荷物を入れまくり、出発した。

舵取りはまちるだである。


ここで問題発生-


ホテルの場所が判らない模様。


まちるだの勘で、ナビに入れた住所に行ってみると、
ごみ収集場のような所に着いてしまった。


しばらくディズニーシーの付近をうろうろしまくるアルファード号。


予約を入れておいたらしいホテルの正式名称も
はっきりとは判らなかったらしく、その点でも苦戦する。


俺が携帯から色々と調べていると、
どうやらそれらしき物件を発見。

そこから住所と電話番号が判明。


その住所をナビに打ち込み、
その通りの場所へ行ってみたが
そこはマンションであった。

確かに住所はその近辺で間違い無いのだったが…


電話番号が判っていたので、ついにはホテルに電話。


しっかりとした場所が判るまで 一度は切れた電話を繋ぐ。



ようやく辿り着いたそこは、
できたてほやほやのホテルだった。


こんな所に割と安価で泊っちゃって、
よろしいのかしらみたいな感じで。


つづく

人気ブログランキングへ