ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005
坂を下っていくと、逆に坂を上がっていく、
多くの人たちと擦れ違いました。


人が多いので、下るのに苦労しながら、
ようやく一軒の店に辿り着きました。


そこで団子のようなもの(名前忘れた…)を購入。

その場で食べました。
(その店の行列もかなりのものでした)


近くで盆踊りをやっていたので
寄ってみることに。

そこで踊りをしばらく見ていました。


20050725015038.jpg
一般の方も何人か踊っていました。

中には円の真ん中で軽快に踊ってみえるおじさんも。


あっという間に、花火が始まる30分前になったので、
来た坂道を戻ることにしました。


さすがに坂はきつかったのですが、
多くの人たちと共に登りきり、
頂上に着いてみると、
下る前より比べものにならないくらいの人たちが
そこに集まっていました。
セットストックを思い出しましたよ)


そこでいろいろあって、芝生の真ん中あたりに腰掛け、
いよいよ花火大会が始まりました。



20050725015105.jpg
たーまやー



20050725015234.jpg
いい写真撮れんかった…



花火大会が何分間開かれるかとか分からなかったので、
花火の連発が終わる度に

「これでもう終わりだろうか?」

と思ってました。


そう言えば、あまり花火大会というものに行ったことないのですが、
普段の花火大会というものは音楽付きなのでしょうか?

音楽と花火が妙にマッチしていて とても良かったです。
(今回はロケーション的に最高の位置でした。
 あんなに近くで花火を見たのも初めてだったし)


約30分ほどで花火大会は終わりました。


そして、観客はゆっくりと、
そしてぞろりぞろりと帰っていきます。

盆踊りはまだやっているようでした。

そして円の中ではまだあのおじさんが軽快に踊ってみえました。



帰りは、駐車場から車を出すのにかなり時間がかかりました。
みんなして一斉に帰るのでかなり渋滞していました。


20050725015247.jpg
花火は音が良いですよね。


おわり

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
その後いろいろと動き回っていたのですが、
ある場所で竹馬を見つけました。


自信満々で竹馬に臨んだのですが、
あれ?乗れません。


間違えた、俺が出来るのはホッピングだった…

これは初挑戦だわ…


子供がこけるこける。

大人も(まれに)こけるこける。


俺はこけたくなかったので、
それ以上プレイしませんでした。

自転車に初めて乗る時の感覚って
こうだったのだろうかと思いました。



その後、懐かしい遊びができる体育館みたいなところで
随分時間を使いました。

メンコスマートボールだるまさんがころんだ巨大オセロ
けん玉お手玉フラフープ紙芝居巨大とんとん相撲積み木



その中で一番はまったのが、
お手玉


これが難しい。


3個がどうしてもできるようになりたくて
結構練習したのですが…


滴る汗。

攣(つ)る足。



ダメした… _| ̄|○○| ̄|_


お手玉で足つったし。

情け無いったらありゃしない…


閉館時刻ということで追い出されてしまったので、
それから花火大会が開かれそうな
湖の方(坂の上の方)へ向かいました。


まだ開始まで2時間以上時間があるというのに、
もうかなり多くの人たちが陣地取りとかしていました。

(俺、話を聞くまで花火大会が昭和村であるなんて全く知りませんでした。
 みんな一体どこから情報得て来ているのだろう…)


周辺のお店も大行列。


まとまった晩飯を食べたかったので、
とりあえずもう一度下まで降りてみて店を探すことにしました。


つづく

[日本昭和村に行ってきました②]の続きを読む
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
岐阜・美濃加茂日本昭和村

中村玉緒さんが名誉村長。(CMにも出てます)


東海環状自動車道が出来たこともありアクセス向上。

昭和村まで割と近いこともあって、
今回も前の花フェスタ
土岐のアウトレットの時と同じように
下道から行きました。


今回も土岐の時と同じように一度道に迷いましたが、
その後は難なく目的地に向かうことができました。



到着-


駐車場に置かれた車のナンバーを見ると、
やはり地元だけではなく
他県ナンバーの車も数多く見られました。

ご苦労さまです。m(_ _)m


入場門の外に銭湯が。

ここの中もちらっとだけ見てきました。


足湯は無料でした。

結構混み合っていました。



20050725004411.jpg
入場料は800円



当日は夜7時半から花火があるということだったので
それまで園内をくまなく周ることにしました。


MAP通りに園内を周っていたのですが、
途中の工房で万華鏡を造ることに。


予約制で3時からだったので
しばらくどこかで時間を潰すことに。


そこからちょっと歩いた所に
どんぐり広場という場所があったのですが、
ちょうどそこで昔ながらの紙芝居をやっていたので、
見ることに。


昔ながらというのは、
読み手が太鼓とか使うようなやつのことです。
(昔を完璧そのまま再現、とまではいかないけれど)


2つ作品を見たのですが、
途中からだったので1つ目の作品が何なのかがよく分かりませんでした。
ライオン・キングか?)


2つ目の作品は黄金バットでした。

怖い正義の味方ですね。



紙芝居の読み手「グハハハハー(黄金バットの笑い声)、
        さてこの続きはまた次の公演にて…」




さて、そろそろ時間も迫っていたので、
工房の方まで戻ってきました。


しかし工作なんていつ以来だ?

そのせいで少し緊張してたかもしれない。


一応工作キットみたいなのを渡されて、
その通りに造っていけばいいのですが、
何人も参加者がいるので、
係員の指示に従って作業は進められていきます。


こつこつと造っていきます。

ラストに、万華鏡の核でもある模様の部分を造ります。

造るといっても、小さな部品をいくつか入れるだけなのですが。


ただ、その部分だけは自分でこだわりを持って造ることができます。

予め用意された部品
スパンコールなど)は
入れ過ぎるとダメだと言われたので、それを考慮しながら、
実際に自分で部品の数とかを調節しながら
筒に入れて回しみたりして
気に入るような模様を造っていきます。
(こだわれる限度があるけど)



で、完成。


完成後に、もう一度自分で確かめてみる。





その模様にタイトルを付けるとしたら、

野菜

だなと思いました。


つづく

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ