ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005
関西国際空港
(帰りは関空でした)


俺、飛行機に弱いみたいで。

耳がとても痛むんです。

機内で寝てたら、
パリという音と共に痛みが走って目覚めました。


ガムとかアメが必須アイテムのようです。


関空から出ると、
なんば行きのバスはもう既に出てしまった後で
(俺がトイレ行ってなければ間に合ったのだろうけど…)
しばらく空港で待つことになった。


二人がバス停に残り、もう二人が空港内へ行ってきて
休憩、というような感じだった。


俺が外の番の時には、
ちょうどそのころ利用の誘いがあった
フットサル場への断りの電話を入れたりしていた。


が降っていたのを覚えている。


そのせいか、なかなか寒かった。


バスが到着して、乗り込む。

俺達はなんばへと向かう。


窓から大阪の景色を見る。

街だなぁ、と思った。



なんばへと着いた。


その頃にはもう、晩飯の時間である。


みんなでどこか食いに行こう、という話になった。
が、俺はそれができなかった。

翌日の朝に妹を学校に送ることになっていたからだ。


そうなると、俺は早く帰らなければ、
地元の終電に間に合わない。


ちょうどなんばに着いて、
急いで名古屋~岐阜と行って
ぎりぎり帰れるか、というような時間だった。


俺も時間的に余裕があれば、
一緒に参加したかったのだけど
無理言って先に帰らせてもらった。


「お疲れー!!」


安く買える特急のチケット売場を教えてもらい、
雨の中そこへダッシュして券を買い、
分からないことは駅員に聞き…


そんなことの繰り返しで
何とか名古屋行きの近鉄に乗り込むことができた。
(確か、結局岐阜からの電車には間に合わず、
 駅まで迎えを頼みました)


その時は、ほんと夜の道頓堀のネオンがちらっと見えた程度で
大阪を後にしました。


皆さまには、いろいろとご苦労をおかけしました。


でも楽しかったよ沖縄旅行。


またいつかどこかに行けたらいいね。


おわり

人気ブログランキングへ
首里城で昼飯を取らなかったので、
腹も空いていて、
俺達は、向かった空港内のどこかで食べることにした。


迷った末に選んだ一店で食す。
(俺はカレーを頼んだんだったかな?)


おみやげもほどほどに買い、
いよいよ沖縄とさよならする時が近付いてきた。


飛行機に乗り、関空へ-


つづく

人気ブログランキングへ
20050520233759.jpg
園内で出会った猫


20050520233848.jpg
猫 その2


20050520233856.jpg
猫 その3


20050520233911.jpg
バイバイ! ( ´_ゝ`)ノ

人気ブログランキングへ
20050520232846.jpg
公園の上の方からの眺め


20050520232935.jpg
奉神門(正殿がある場所への門)


20050520233200.jpg
正殿(工事中の為ビニールが被せられていた)


20050520233311.jpg
テラスから


20050520233328.jpg
テラスから その2


20050520233424.jpg
泉 その2

人気ブログランキングへ
20050520231954.jpg
守礼の門


20050520232030.jpg
守礼の門(拡大)


20050520232054.jpg
守礼の門(裏側)


20050520232155.jpg
園比屋武御嶽石門「そのひゃんうたきいしもん」と読むらしい)


20050520232254.jpg
首里城公園マップ


20050520232323.jpg
泉がありました

人気ブログランキングへ
朝早く起きる。

いよいよこのホテルともお別れだ。

昨日の大雨は止んで外は快晴だった。


荷物をまとめてまずこの部屋と別れる。


エレベーターで1階まで行き、チェックアウト。

入口近くに表示されていた天気を見たが、
今日は問題ないみたいだ。


全員が車に乗り込み、今度はホテルと別れを告げる-


夕べの疲れもあってか、俺は車が出てしばらくすると
(この時森山良子の歌がかかってたんだっけ?)
寝てしまった。


そして起きたら車は既に那覇市内にいた という感じだった。


首里城
俺たちが沖縄旅行の最後の舞台に選んだ場所がそこだった。


道端の駐車場に車を止め、首里城公園まで歩いていく。


道なりに進んでいくと、
「どこまで行くのー」
とタクシーに乗ったおっちゃんが俺達に話しかけてきた。

しかし俺達は目的地がすぐそこだということを伝えると、
おっちゃんはすぐ向かいを歩いていたお姉さんに標的を変え、
同じようなことをしていた。

ああいった客引きは初めてだったので、何か新鮮な気もした。


公園に着いた。


衣装に身を包んだお姉さん達がいたが、
それよりも目を引かれたのが、
坂にたくさんいた猫達だった。

これがとてもよくなついて、とてもかわいかった。


守礼の門を通過する。
(工事してるみたいで青いシートが被せられていた)

これがあの2千円札に描かれているものである。
(あんまり見ないけど…)


順路に従って、コースを回っていく。


そしていよいよ辿り着いた正殿前。
(正殿はあのでっかい建物

ここからは入場料が要るらしい…


それを払って中に入ってみるとなんと…


工事中


正殿は見たことあったけど、あの正殿じゃない、
網とかかかってる…


仕方ないか、とそれらの内部に足を踏み入れていった。


しばらくすると売店があった。

そこで一通り買い物を済ませたり、
そこから行けるちょっとしたテラスに行って外の景色を見たりしていた。


見るものも見たので、そろそろ帰ることに。

ラストで売店が集まっていた場所があった。


昼飯をどうしようか話し合っていたところで思わぬ出会いが。


なんと猫と再開したのだ。
(入口にいた猫と同じ猫かどうかは分からないが)

しばらく猫と戯れていたが、別れの時がやってくる。


この猫とはもう二度と会うことはないだろう。


俺は歩きながら、
その猫が見えなくなるぎりぎりのところまでその姿を見ていた。


そして駐車場まで戻り、俺達は首里城公園を後にした。


いよいよ、旅行も終わるときがきたのだ-

人気ブログランキングへ
宴会である。


部屋のテーブルが小さく、
買ってきたものが全て乗らなかったので、
ベッド横の平らになった所なども借りる。


俺はぶーたんと共に、いよいよ一階にある売店へと乗り込む。
レンジを借りるためだ。

確かその店は深夜1時までの営業。
まだ時間的には余裕があった。


レンジがあったが、それを借りるだけでは何か悪いような気がしたので
お茶とかもついでに買いながら、一回目のチンをする。
(御飯は3つあったのでその後もそこに2回チンしに行った)


そんなこんなで宴会が始まった。


わいや わいや。


話が盛り上がってくると、ある異変が起こった。


なんとぶーたんが話していると、
その口から米粒がピュンピュンと飛びだしているのだ。


それをぶーたんに指摘すると、ぶーたんはツボに入ったらしく、
笑い転げていた。


俺達も、もらい笑い。


宴会は続く-


宴会が終わった後、俺はシャワーに入った。

シャワーから出てきてみると、残りの3人は既に熟睡していた。
俺もその後すぐに寝ることにした。


こうして、沖縄3日目の長い一日は終わった。


残るは4日目を残すのみとなった。

人気ブログランキングへ
出発。


信号を左に曲がるとすぐに大通りに入った。


「ガソリン入れて」
とのことだったので、その通りにあるガソリンスタンドへ寄ることになった。


スタンドに到着。


スタンドの人にレギュラー満タンを頼むと、
俺は普段通り給油口のドアを開けようとしたが、
そのレバーがどこにあるのか分からない。

苦戦したがfeelbeatの助けもあって、ようやく開けることができた。


車によって場所違うんだ…
自分の車以外で給油したの初めてだったから知らなかったよ… orz


再び出発。


一本道が続く。


あ、雨が強くなってきたなー。


いきなりカーブ

で、いきなり信号。

レンタカーだから安全運転こりゃ停まらねばいかんなそんな訳で急停車


「キキキキー」
みんな浮く。

後ろの方で
ヴィーン…!
という機械音が。


feelbeatが
「あ、今ABSが働いたね」
これがあのABSですか。
ABSを働かせちまった。


元より俺達が乗っていたレンタカーはタイヤがかなり磨り減っていて、
ブレーキがかかりにくかったんだそうだ。
でも何事もなくて良かった。
停まれて良かった。


それからひたすら一本道。


昨日来たあしびなーという店の前を通りかかった。

夕べの渋滞を思い出した。

夕べはあんなに渋滞していたのに、
それが嘘のように車はホテルへ向かって進んでいく。

しかし雨は次第に強くなっていった。


ホテル到着-


カラハーイから随分早く帰ってきたような気がしたが、
それでも23時を過ぎていた。

ちょうど俺達がホテルへ帰った後くらいに、雨が物凄く強く降り出した。
<
strong>「もう少し帰ってくるのが遅かったらやばかったな」
と俺はホッとしていた。


みんなしばらく部屋のベランダからその雨を眺めていた。

人気ブログランキングへ
ジャスコに寄ることになった。

ここは一体ジャスコ何店なのだろう?
それが気になって仕方がなかった。


俺は以前ほぼ同じメンバーで河口湖へ行った時に
少し後悔していたことがあった。

その時も同じように2ヶ所ほどジャスコへ行ったのだが、
同業者を見ておけば… 
と思ったのだ。


だから、今回は絶対見ておこうと思っていたので、
入口にある店内マップで早速その場所を探す。


あった-


俺はメンバーに断りを入れてそこへ行ってみることにした。
しかし、メンバーも着いてきてくれた。


なんと、俺が店に行った時には店員が閉店作業をしていた。

どうやらちょうどその店のあたりは閉店の時間だったらしい。

そこで遊べなかったのは残念だったが、
沖縄の地で同業者を見られただけで十分満足することができた。


その後、食料品売場で晩飯を買い込む。

「え、これもか?こんなにか?」
という程買い込む。

俺は翌日の朝飯用の沖縄そばや、晩飯用のさしみ
そしてホテルにあるコンビニで
レンジを借りさしてもらえるものと見込んで、
チンする御飯をたくさん買った。(あとはお菓子類とか)


その後、俺だけ2階へ。


見込み違いで翌日分のトランクス
一枚足りないことに気付いていたからであった。


売っている場所が分からず、店員に聞いたりしてトランクスをゲットした。

ちょうどその時、店名を確認することができた。

どうやらここは「ジャスコ北谷店」というらしい。

読み方が分からなかったが、
後で調べたら「北谷(ちゃたん)」だということが分かった。


そして、カラハーイ側の駐車場まで戻り、ホテルへと戻ることに。


カラハーイのライブの時にメイン運転手二人が酒を飲んでいるので、
ホテルまでは俺が運転していくこととなった。


小雨がパラついていた-


20050520022840.jpg
カラハーイ近くから観覧車方面を撮影
(これが、俺が今回の沖縄旅行で撮影した最後の写真になりました)

人気ブログランキングへ
店内に入ると、なぜか既に満席。
会場からはアンコールが。


なんともうティンク・ティンクが歌っているではないか!


俺たちは2階へと上がった。
そこの隅の席で待つ。


これは一体-


どうやら俺たちが見る一つ前の公演で、
修学旅行生?のような団体相手の公演だったようだ。
(だからアンコールをやっていたのかな?)


それが終了し、ステージの上にある巨大スクリーンで映像が流される。
しばらくそれを見ていた。(映画だったのかな)


そして一階に案内され、そこの最前列のテーブルで待つ。

そして少しづつ出される料理。


俺がトイレへ行って戻ってきてからちょっとしたくらいに映像が止まった。
(んだったっけ?)


いよいよティンク・ティンクの登場である。

俺は写真では二人を見たことがあったけど、曲を聴くのは初めてだった。
しばらく曲に聴き入る。


20050520014215.jpg

ティンク・ティンク


MCになる。

ティンク・ティンクがその目の前にいた人と話している。
どうやら心配事があるらしい。


この日から1週間くらい後に関東(どこだか忘れてしまったが)
でライブをやるらしい。

しかし、そごうでライブをやるということだったので二人は
「そごう潰れてないよね?」
とのこと。


ティンク・ティンクの目の前の人が
なんと そのそごうのすぐ側の出身だったようで、
「大丈夫ですよ」
とか、そのような会話。


ティンク・ティンクは俺たちにも話をふってきた。


「どこで私達のことを知ったの?」
そんな内容の質問だった。

俺はここはぶーたんが答えるところだと思ったので、
ぶーたんの方を向いた。

ぶーたんは答えた。

ティンク・ティンクとの接触であった。


MCを挟みながら、ライブは続く。

食事をしながらのライブというものが初めてだったので、
どのタイミングで食事をしていいのか分からなかった。

食事についてはティンク・ティンクも気付いていたみたいで、
MCの時に俺達に、
「聴きながらゆっくり食べてくださいね」
と気を遣ってくれていた。


食事ではステーキがとても美味しかった。
それだけで御飯が何杯もいけそうな気がした。


そして公演終了。


控え目なのか、アンコールを起こす人はいなかった。
(一人でもしたら二人は歌ってくれてたのかな?)


出口で食事のメニューをちらっと見たら、
「御飯おかわり自由」


しまったー!
そうだったのか。

まあセットで御飯のおかわりが自由なのかは分からないけど
聞いてみればよかったかなと少し後悔。


勿論、ティンク・ティンクの歌でもお腹一杯になるほど満足しましたよ。

人気ブログランキングへ