ブログパーツ
 ネット上の通過駅的ブログ 昔遊んだゲームのことをよく書いてます。 since 2005

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

スポンサードリンク


この記事は 2014年5月26日に初投稿した記事を書き直したものです。
記事タイトル始めの数字は初投稿から今まで記事を書き直した回数です。

真・聖刻 タイトル

機種スーパーファミコン
メーカーユタカ
発売日
 1995年4月21日
価格9,800円
何ゲー?
おすすめ度


ゲームプレイ動画(実況あり)


ゲーム紹介(参照:超絶大技林)

巨大な機械の騎士が
激しい戦いを繰り広げる
異世界を舞台に、
悪の練法師から
キタン王国を救うため
主人公であるシフォンが
剣を持って戦いに挑みます。

戦闘では、
武器による攻撃の他に
「操兵」という巨人の騎士に乗って
戦うことができます。



大技林のゲーム通信簿63点
・30点満点を100点満点に換算して計算、
 小数点以下を四捨五入



ラ・ワース


スポンサード リンク


真・聖刻 攻略






真・聖刻(ラ・ワース)。


まさか

こんな評価を受けている
ゲームだったとは。




このソフト、子供の頃に
欲しかった記憶があるのですが、
結局 買ってもらわなかったのです。


パッケージのアニメ絵に
惹かれたのかな?


同じような選び方で
当時買ってもらったソフトが
これだったのだけど(



で、気になっていた
ゲームだったので
記事にしようとして
いろいろ調べてみた訳ですが、
いや、なかなか。

大変そうなゲームだなぁ

と。



ゲームが進むにつれて
次々と浮かぶ「おや?」の連続。


特に気になったのは
文字の部分。



ゲーム製作時の
打ち込み作業の時に
間違いに気が付かなかったのか
そもそも
言葉を知らなかったのか。



文字だけでなく、全体的に
ロールプレイングゲームとしての
演出力が弱いと感じられる面も
多々見受けられました。



機械に乗り込んで戦闘するという、
面白い試みをしているRPGなんだけど、
どうも 元となった、
原作の世界観を活かすだけの技術力が
残念ながら 欠けているようにしか
思えませんでした。



プレイ動画を見ている限り、
ゲームバランスも かなり厳しいようで
新たに現れるボスを倒すために、
ひたすらレベルを上げては
また ボスに挑み…
の繰り返しのように見え、
更には 戦闘自体が
単調みたいなので、
これはきっと 実際に
ゲームを遊ぶ人にとっては、
超・作業を強いられるような
ゲームなのだろうな、と思いました。



私が苦労したこのゲームと、
似たようなオーラを感じるけれども
互いを比べたら、どっこいなのかな?



それにしても
LEVEL UP表示が大きい。

関連記事

スポンサード リンク

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
やる気が出ない。
テラリア日記を始めてから、ランキングが下がっています。
そんなに僕のブログがつまらないのでしょうか?
2014/05/27(火) 06:22 | URL | 神威雅人 #wLCZx2B6[ 編集]
こんにちは!
いつもコメントありがとうございます。

私は 毎回訪問させて頂いていますよ!
気を落とされないようにして下さい(*^-^)
2014/05/27(火) 06:50 | URL | Dotama #-[ 編集]
どことなく。^^;
テーブルトークロールプレイングゲーム(欧米では、こっちは本当のRPG)でよく似たのをやったことがあります。
確か、天羅万象だったと思います。
鎧乗りの少年がそんな感じでした。
生身で戦うサムライが、改造人間だったり、すごい設定でした。
しかし、ファンタジーに逃げる人が多かったので、そんなにヒットしなかったですね。

今は、TRPGと言っても、大都会の片隅で、ひっそりとやっている程度で、田舎では誰もやっていませんね。片や非電源ならカードゲームばかりで、電源入りならばオンラインRPGが主流となっています。
時代の流れはさみしいですが、名古屋のエクスプローラーが今はどうなったのか知りたいですね?^^;
カードゲームだったら、コミックライブでできたはずです。(今はどうか知りませんが。)^^;
2014/05/27(火) 14:34 | URL | 神威雅人 #wLCZx2B6[ 編集]
名古屋 エクスプローラー
調べたら、2005年に最後のセッションをやって終わりました。
名古屋というか、愛知はまだまだやってます。

岐阜は辛うじてやっているみたい。
三重は全滅です。(;ω;)
2014/05/27(火) 14:45 | URL | 神威雅人 #wLCZx2B6[ 編集]
こんばんは!
たぶん、自分でも こういうゲームは やってみたらハマるのかもしれませんが、
なかなか実際にやる機会までは無かったですね。

今でも、地元のゲーム屋とかで
子供たちが カードゲームをやっている風景に出くわしたりしますが、
自分の世代では ちょうど、そういったカードゲームの流行も訪れず、
ほとんど TVゲームオンリーの流行だけに乗って
育ってきてしまいました。

もう少し、いろいろな体験をして、刺激を受けて育っても良かったかな?(~ω~;)
2014/05/28(水) 00:34 | URL | Dotama #-[ 編集]
カード破産、怖いよ~。
僕は元祖のM:TG(マジック:ザ・ギャザリング)を第3版からやっていたので、一人暮らしを始めるまで、給料の75%をつぎ込んでいましたね。
まだ日本語版が存在する前だったから、英語読みがカッコよかった。
別の意味でのカード破産が怖かったですよ。最強のプレイヤーさんは軽自動車一台が買えるぐらいをつぎ込んでいましたね。
だから、遊戯王の成功を機に、次々と参入したのですよ。コナミは後出しじゃんけんが得意な会社です。

TRPGはソードワールドが一番流行ってましたね。コメント欄で書くときりがないので略します。すみません。

さすがにこの年で、トレーディングカードゲームは歳にあわないなぁ。
(笑)
2014/05/28(水) 06:40 | URL | 神威雅人 #wLCZx2B6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotama.blog3.fc2.com/tb.php/5903-9cfe518e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック